放置厳禁!集中治療で改善|不快なpmsとの上手な向き合い方

薬

改善するための方法

お腹

コレステロール値の中でも特に悪玉コレステロールの値を下げることがとても重要で、改善するための健康食品が数多く開発されています。また、健康食品を利用することに加えて、日常生活の中に運動を取り入れる工夫などを行い、生活習慣を改善することも大切です。

View Detail

免疫力アップに効果あり

はちみつ

プロポリスの原液は殺菌効果と豊富な栄養分で免疫力をアップしたり、健康効果を高めることが期待されます。プロポリスが原液のままでは飲みにくい場合には、水、ジュース、乳製品、はちみつなどと混ぜて飲むようにしましょう。

View Detail

悩んだら行動しましょう

栄養補助食品

落ち着いて対策しましょう

pmsとは、生理が始まる3日から10日くらい前から、イライラしたり、腹痛や頭痛がしたりといった不快症状をさします。またの名を月経前症候群といい、生理が始まりと共に症状が消えてなくなるのが特徴といわれています。pmsの症状は人によって様々で、ほとんど感じることのない人もいれば、日常生活に支障をきたすほどの人もいます。後者の方は、場合によっては医師の診断や、治療が必要になってくるので、放置せずに早めの対策が必要です。特に、pmsの特徴の一つであるイライラした気分は、自分が不快な思いをしているだけではなく、そのイライラのせいで周りを不快にさせている可能性があります。自分にあった治療をすることで改善していく症状なので、ゆっくりと落ち着いて対策することが大切です。

具体的な対策としては

pmsの治療法としてまずあげられるのは、食生活の改善です。まず、朝食を抜かないことです。これは、朝食を抜いてしまうとイライラなどの症状が悪化してしまうためです。そして、サプリメントやドリンクで、ビタミンやミネラルを補給したり、甘いものを食べるのを控えることも改善の第一歩です。また、pmsの症状がひどい場合は、婦人科での相談、治療を検討してみましょう。婦人科では、血液検査でホルモンバランスを測定できます。またこの検査によって、ホルモンバランスが乱れている場合は、低用量ピルを処方される場合もありますが、これによってホルモンバランスの量を一定にしてくれるので、pmsの改善を大幅にサポートしてくれます。人によって低用量ピルは合わない場合があるので、担当の医師と治療方針をしっかりと話し合うことが大切です。

自然に痩せられるサプリ

ダイエット

乳酸菌や酵母菌などの善玉菌集団が、しっかりと配合されているシースルーライトは、ダイエットサポートに効果的です。脂質や糖質の吸収を抑えてくれて、カロリーカット効果があります。飲むタイミングとしては、食事の30分前がベストです。

View Detail